ある日当時高校生だった私が家に帰ると私と同じぐらいの女の子がいた。顔右半分かひどい怪我で手足にあちこちに痣があって交通事故?みたいな感じだった。母「父がお金で…」