ナタを握った祖父「沢山あるからなくなってもいいんだな。だったら...」そう言ってオバサンの右腕をがっしりと掴み…